トピック

遊ちゃんも…海遊館のジンベエザメ相次いで死亡

 今月13日にジンベエザメの「天ちゃん」が死亡した海遊館(大阪市港区)は16日、もう1頭のメスのジンベエザメ「遊ちゃん」も死亡したと発表した。

 

 同館によると、遊ちゃんは、5月初旬ごろからエサを吸い込む勢いが弱くなり、食欲の低下が見られたため、同月中旬から同館の付属施設「大阪海遊館 海洋生物研究所以布利センター(高知県土佐清水市)」に移し、治療を行なっていたが、回復には至らず、13日に死亡したとのこと。

 

 先に死亡した天ちゃんは、健康管理や生態研究を目的に今年2月から以布利センターに移していたが、4月ごろから体表の一部に肌荒れが生じ、同センターで観察・検査・治療を続けていたが、今月12日に体調が急変し、死に至っている。

 

 同館では、「天ちゃん、遊ちゃんの死因をよく調査し、引き続き未だ不明な部分の多いジンベエザメの生態解明に尽力し、ジンベエザメの保全活動の一助となるよう努めてまいります」としているが、これで「海遊館のシンボル」ともいえるジンベエザメが不在の状況が今後も続くことになる。

 あなたにオススメの記事