気象

連休前半は突然の大雨に注意 本州で大気不安定 気象庁

   強い寒気の影響で、本州を中心に19日から20日にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は局地的な大雨や落雷、竜巻などに注意を呼びかけている。


   気象庁によると、本州の上空約6000メートルに、この時期としては強い氷点下9℃の寒気が入り始めており、この流れ込みのピークは20日になる見込み。


   このため、20日にかけて本州を中心に広い範囲で雷を伴った激しい雨が降り、局地的には1時間60ミリと非常に強い降り方になる恐れがある。すでに新潟県柏崎市などでは19日午前、1時間30ミリを超える雨が降った。

 

   20日午前6時までに予想される雨量は、東北、関東甲信地方のいずれも多いところで120ミリ。

 

   大気の不安定な状態は21日まで続く可能性もあり、気象庁は土砂災害や河川の増水に警戒し、発達した積乱雲が近づく兆しのある時は落雷や竜巻を避けるため、建物内に移動するなど安全を確保するよう促している。

 

 あなたにオススメの記事