生活情報

スマホ充電器 コネクター異常による発火事故にご注意を

 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は24日、スマートフォンやタブレットの充電器コネクターを異常な状態で使用したために発生した発火や発煙、発熱の事故を5年間で48件確認し、今後も同様の事故発生の懸念があるとして、同機器を適切に扱うよう注意喚起を行った。

 

 NITEによると、48件の事故は2009年~2013年の5年間で確認されており、いずれも重大な被害にいたった事例はないが、スマホやタブレットは近年急速に普及しており、今後も同様の事故が懸念されるとのこと。

 

 実際に起きた事故としては、スマホ充電器のUSB端子を上下逆さまで無理に挿入したためコネクター内部の端子が異常発熱を起こしたり、コネクター内部に飲料水やホコリなどが入り込んで同じく端子が異常発熱を起こすなどの例を挙げており、中にはコタツ布団を焦がした例もある。

 

 NITEでは「充電用コネクターによる事故は、端子部分のはんだ付不良など製品に起因して起こる事故のほかに、使用者の誤使用や不注意等の使い方に関わる事故が多く」見られるして、利用者に正しい使い方をするよう注意喚起を行っている。

 あなたにオススメの記事