気象

今夏は昨夏より暑い? 猛暑日186地点 真夏日683地点

 今日(25日)も猛暑が続く日本列島は、名古屋で38.2℃、東京で35.4℃を記録するなど、最高気温が35℃を超える「猛暑日」が186地点となり、30℃を超える「真夏日」は全国683地点に達した。

 

  今日の日本列島は九州から東北にかけて広く高気圧に覆われ、午後3時現在までに岐阜県多治見で39.3℃を記録したのを始め、愛知県豊田で38.6℃、岐 阜県美濃加茂で38.5℃、岐阜県揖斐川・岐阜、名古屋で38.2℃となるなど、全国186地点(午後4時現在)で最高気温が35℃を超える「猛暑日」と なった。

 

 また全国683地点(午後3時現在)で最高気温が30℃以上の「真夏日」となっている。

 

 ところで、昨夏の「猛暑」は記憶に新しいが、昨年の7月中で、最も「猛暑日」の地点数が多かったのは7月11日の140地点。「真夏日」の地点数が最も多かったのは7月9日の627地点。

 

 つまり今日(25日)は、昨年の7月よりも「暑い日」ということになる。

 

 ちなみに昨夏で猛暑日の地点数が最も多かったのは、高知県江川崎で41.0℃を記録し、日本の最高気温記録が塗り替えられる1日前の8月11日。

 

 この日は297地点で猛暑日、701地点で真夏日となっている。

 

 猛暑日、真夏日の地点数だけで見れば、今日は、記録的な猛暑となった昨年8月並みの暑さということか。

 あなたにオススメの記事