リコール

号泣元県議・野々村氏を詐欺罪等で告発 市民オンブズマン

 市民オンブズマン兵庫・西宮・尼崎は25日、政務活動費の不自然な支出で世間を騒がせている号泣元県議こと野々村竜太郎氏を、詐欺罪と虚偽公文書作成・同行使で告発状を兵庫県警に提出し、同日これが受理されたと発表した。

 

 市民オンブズマンは、物理的に日帰りの不可能な城崎温泉までの出張料金や、名目上は切手代として金券ショップから大量購入した際の領収書など、野々村氏が政務活動費として処理した不自然な支出の数々を指摘。

 

 それらについて「政務活動(調査)報告書は虚偽と欺罔、不可解な支出でそのほとんどが占められていると言っても過言ではない」とし、約1800万円もの政務活動費の使途を説明のないまま返還するだけでは問題の解決にはならないため、野々村氏を詐欺罪と虚偽公文書作成・同行使で告発した。

 

 兵庫県警では同日、告発状を受理している。

 あなたにオススメの記事