経済

任天堂が99億円の赤字 「3DS」の不振が響く

 任天堂は30日、2014年4~6月期の決算について、売上高が746億円(前年同期815億円)で営業利益は94億円の赤字(前年同期49億円の赤字)となり、四半期純損益は99億円の赤字(前年同期は86億円の黒字)になったと発表した。

 

 主力の携帯型ゲーム「3DS」のハード販売がふるわず、前年同期は140万台だったのが、今期は82万台へと落ち込み、それに伴いソフトも1101万本から857万本へとダウンした。

 

 ただ、据え置き型ゲーム「Wii U」については昨年同期の16万台が今期は51万台と3倍以上売れており、同ゲームのソフト「マリオカート8」も好調な出足だという。

 

 同社では、年末商戦に向けて「有力タイトルや新製品などの発売を予定しており、売上の伸長を見込んでいます」と語っており、200億円の黒字という業績予想は据え置いている。

 あなたにオススメの記事