気象

1日にかけて台風12号が沖縄本島地方へ接近

 大型の台風12号は沖縄の南の海上を北北西へ進んでおり、今後発達しながら8月1日にかけて沖縄本島地方へ接近する見込みのため、気象庁では同地方などに対して高波や強風に警戒するよう呼びかけている。

 

 台風12号は中心気圧が990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の北東側700キロ以内と南西側500キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 31日午前3時には沖縄の南海上を1時間に時速20キロで北北西へ進んでおり、1日にかけて沖縄本島地方へ接近する見込み。

 

 このため沖縄地方では31日には強い風が吹き、台風12号が近づく1日にかけては沖縄本島地方では非常に強い風が吹く見込みとなっており、気象庁では陸上・海上ともに強風に注意するよう呼びかけている。

 

 今後予想される最大風速(最大瞬間風速)は下記の通り。

 

31日
沖縄本島地方 南東の風 19メートル(30メートル)
大東島地方 南東の風 19メートル(30メートル)
宮古島地方 北西の風 17メートル(30メートル)
八重山地方 西の風 16メートル(30メートル)

 

8月1日
沖縄本島地方 南の風 22メートル(35メートル)
大東島地方 南の風 16メートル(30メートル)
宮古島地方 西の風 18メートル(30メートル)
八重山地方 西の風 17メートル(30メートル)

 

 また、大東島地方の沿岸海域ではうねりを伴う大しけで、沖縄本島地方でも31日朝から大しけとなる見込みであり、海上や海岸付近では高波への注意が必要。

 

 31日と1日に予想される波の高さは下記の通りとなっている。

 

沖縄本島地方 7メートル(31日) 7メートル(1日)
大東島地方 7メートル 6メートル
宮古島地方 5メートル 5メートル
八重山地方 4メートル 4メートル

 

 さらに沖縄本島地方と宮古島地方では31日朝から昼前にかけて潮位が高くなり、両地方での最高潮位は1.3メートルとなる見込みのため、気象庁では高潮による浸水や冠水にも警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事