気象

非常に強い台風11号 8日には九州南部へ接近

 気象庁によると、非常に強い台風11号は、現在フィリピンの東を西北西に進んでおり、あさって(6日)午後にも沖縄本島が暴風域に入り、8日には九州南部に接近する見込み。

 

 非常に強い台風11号は4日午前9時現在、中心気圧930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、フィリピンの東海上を毎時15キロの速さで西北西に進んでいる。

 

 このあと台風11号は、あさって(6日)午後にも沖縄本島地方を暴風域に巻き込み、そのまま東よりに進路を変えて、8日には九州南部に接近する見込み。

 

 9日には四国・本州に接近する見込みで、熱帯低気圧に変わった台風12号の影響で、大雨が続く四国地方では、地盤がゆるんでいることもあり厳重な警戒が必要。

 あなたにオススメの記事