気象

土石流で被災した南木曽町 6日に中央本線が運転再開

 JR東海は4日、長野県南木曽町で7月9日に発生した土石流により、橋が不通となっていた中央本線「坂下駅~野尻駅間」の運転を8月6日の始発から再開すると発表した。

 

 南木曽町で7月9日に発生した土石流は周囲の家屋なども飲み込み、中学生の男子生徒も犠牲になるほどの被害となったが、その際、中央本線の鉄道橋も流されていた。

 

 そこでJR東海では同区間をバスで代行輸送していたが、6日の始発から中央本線の運転再開を発表。特急「ワイドビューしなの」の特急券などは、5日午前10時から発売するとしている。

 あなたにオススメの記事