気象

台風11号四国上陸 高知では1000ミリの雨

   強い台風11号は10日午前6時すぎ、高知県安芸市付近に上陸し、暴風域に入っている四国や近畿、中国地方では激しい雨が降り続いている。


   気象庁によると、台風11号は午前9時現在、徳島市の西南西約30キロの地点にあって、時速20キロで北北東に進んでいる。昼過ぎにかけて近畿、中国地方に最も接近し、午後には日本海に抜ける見込みだ。


   台風本体の発達した雨雲の影響で、四国や近畿地方では記録的な大雨になっており、高知県馬路村魚梁瀬(やなせ)では10日朝までの48時間で1073ミリの雨量を記録。同県津野町船戸では870ミリ、四万十町窪川では647.5ミリと、それぞれ観測史上記録を更新した。


   また、三重県では9日に発令された大雨の特別警報を継続中。気象庁はこれまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高くなっているとして、三重県や四国4県をはじめ、茨城、福井、岐阜、滋賀、兵庫、奈良、和歌山、岡山県と京都府、大阪府の15府県に土砂災害警戒情報を出している。


   今後、四国や近畿では昼ごろにかけて、東海では10日夜にかけて、局地的に1時間に80〜120ミリの猛烈な雨が降る恐れがあり、11日朝までの雨量はいずれも多いところで、


   東海 400ミリ
   四国・近畿・関東甲信 300ミリ
   東北 250ミリ
   北陸 200ミリ
   北海道 180ミリ
   中国 100ミリ


と予想されている。


   暴風も、四国では最大風速35メートル、近畿と中国で30メートル、北陸と東海で25メートルと広い範囲で予想され、四国と近畿の太平洋沿岸では猛烈なしけが続く見込み。


   気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水の他、高波や高潮にも厳重に警戒するよう促している。

 

 

 

 

 あなたにオススメの記事