気象

台風11号日本海へ 三重の特別警報は解除

   台風11号は10日夕、日本海に抜け、気象庁は三重県に発令していた大雨の特別警報を午後5時すぎまでに解除した。近畿や四国地方の雨は弱まったが、今後も北日本や東日本で局地的な大雨や暴風が予想される。


   台風11号は高知県に上陸して四国を北上した後、午前10時すぎに兵庫県赤穂市付近に再上陸。近畿、中国を縦断して日本海に抜け、午後6時現在は石川県輪島市の西北西約60キロを時速45キロで北北東に進んでいる。


   台風が通過した四国、近畿では猛烈な雨が降り、高知県馬路村で1時間に80.5ミリを観測。48時間雨量は1073ミリに達した。特別警報の発令された三重県では、宮川で661.5ミリの雨が降り、紀伊半島の熊野川(和歌山県新宮市)が氾濫した。


   また、徳島県でも上勝町や那賀町で700〜800ミリ台を記録し、那賀川が氾濫して住宅や田畑への浸水が広がった。


   今後、台風11号はあまり勢力が落ちず速度を早めながら北上し、大荒れの天気は東北や北海道に移る見込み。特に北海道では、11日にかけて局地的に平年の8月の1ヶ月分に相当する大雨になる恐れがあるという。


   11日夕方までの雨量はいずれも多いところで、


   北海道 300ミリ
   東海と東北 200ミリ
   関東甲信 150ミリ
   北陸 100ミリ

 

と予想。気象庁は引き続き、土砂災害や暴風、河川の氾濫に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけている。

   

 あなたにオススメの記事