気象

台風11号 日本海を北へ 高知では総雨量2008ミリ

 10日に四国へ上陸し、西日本を縦断して日本海に抜けた台風11号は、11日午前6時現在奥尻島の西北西170キロを北へ進んでおり、本日は北日本で暴風や高波、非常に激しい雨が予想される。

 

 気象庁によると、台風11号は中心気圧975ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートルで、現在は1時間に45キロの速度で日本海を北上中。

 

 このため北日本では本日は激しい雨となる見込みとなっており、12日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで東北地方の北部が100ミリ、南部が80ミリ、北海道地方の日本海側・太平洋側で150ミリ、オホーツク海側で100ミリとなっている。

 

 また、暴風については

 

東北地方(太平洋側)
 海上 最大風速23メートル(最大瞬間風速35メートル)
 陸上 最大風速17メートル(最大瞬間風速30メートル)
東北地方(日本海側)
 海上 最大風速23メートル(最大瞬間風速35メートル)
 陸上 最大風速15メートル(最大瞬間風速30メートル)

北海道地方(日本海側)
 海上 最大風速25メートル(最大瞬間風速35メートル)
 陸上 最大風速20メートル(最大瞬間風速35メートル)

 

 との予想。今後、台風11号は、11日の日中には温帯低気圧に変わる見込みだが、気象庁では引き続き北日本に対して、大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川のはん濫、暴風や高波に対する厳重な警戒を呼びかけている。

 

 なお、台風11号が上陸、通過した西日本では、四国を中心に猛烈な雨が降り、1日午前3時から10日午後10時までの総降水量は高知県仁淀川町で2008.0ミリ、徳島県上勝町で1510.0ミリ、愛媛県石鎚山で996.5ミリ、香川県東かがわ市で625.5ミリを記録。

 

 また、9日に大雨特別警報(土砂災害・浸水害)の発令された三重県では、8日午後2時の降り始めから10日午後11時までの総雨量が大台町で661.5ミリとなった。

 あなたにオススメの記事