軍事

米ミズーリ州で非常事態宣言 黒人射殺事件でデモ暴徒化

 黒人青年が白人警察官に射殺され、住民デモの一部が暴徒化するなど、激化する米国ミズーリ州・ファーガソン市内の状況を受け、ニクソン州知事は16日、非常事態を宣言し、同市内に夜間外出禁止令を出した。

 

 射殺事件は9日、ファーガソン市内で発生。18歳の黒人青年が口論の末、白人警察官に射殺されたとして翌日から抗議デモが発生し、一部では暴徒化するなど状況は激化していった。

 

 ニクソン州知事は、当初は平和的なデモだったのが15日の夜には罪を犯す者や市民を危険にする者が現れ、「And that is unacceptable.(それは受け入れられない)」として、非常事態を宣言。ファーガソン市内に対し、16日から夜間の外出禁止令を出した。

 あなたにオススメの記事