気象

土砂災害に再び警戒を 西日本と北日本で非常に激しい雨

 東シナ海から東北北部まで伸びた前線の影響で、西日本と北日本では大気の状態が非常に不安定となっており、本日(22日)は局地的に非常に激しい雨が降る見込み。

 

 すでに九州北部地方では雷を伴った猛烈な雨が局地的に降っており、気象庁では、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に対する警戒を呼びかけている。

 

 気象庁によると、東シナ海から日本海を通って東北北部まで伸びた前線が23日にかけてゆっくり東へ進み、南から暖かく湿った空気が流れ込む。また、日本付近の上空6000メートルにある氷点下6℃以下の寒気が西日本を中心に流れ込み、北日本にわたっての広い範囲で大気の状態が非常に不安定になる。

 

 このため西日本では22日昼前にかけて、北日本では22日夜にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、明日(23日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで九州北部・北海道地方が150ミリ、東北地方が100ミリ。

 

 西日本や北日本ではこれまでの雨により地盤が緩んでおり、特に九州北部地方では土砂災害の危険度が非常に高まっているところがあるため、気象庁では土砂災害等に対する厳重な警戒を呼びかけている。

 

 また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要としており、発達した積乱雲の近づく兆しがあるときは建物内に移動するなどして安全確保に努めるよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事