医療技術

エボラ出血熱の患者2500人超 死者は1500人に迫る勢い

 世界保健機関(WHO)は22日、西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱の累計感染者数が2500人を超えて2615人となり、死者は1427人になったと発表した。

 

 WHOによると、エボラ出血熱の感染者が確認されているのはギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリアの4ヶ国。19~20日で新たに142人の感染者が見つかり、77人の死亡が確認された。

 

 これまでの発表で感染者は2615人、死者は1427人にのぼっており、国別の感染者数(死者数)は以下の通りとなっている。

 

ギニア 607人(死者406人)
リベリア 1082人(死者624人)
ナイジェリア 16人(死者5人)
シエラレオネ 910人(死者392人)

 

 なお、リベリアでエボラ出血熱の治療活動中に感染した米国医師が、実験段階の治療薬「ZMapp(ズィーマップ)」を投与されて病状からの回復を果たしたと米CNNで報じられたが、その効能については「助けになったのかどうかは分からない」と治療にあたった医師は明言を避けている。

 あなたにオススメの記事