イベント

大阪桐蔭が2年ぶり4度目V 甲子園決勝

 25日に阪神甲子園球場で決勝戦が行われた夏の全国高校野球大会は、大阪桐蔭高校が三重高校に4-3で競り勝ち、2年ぶり4度目の優勝を果たした。


 三重は2回表、8番・中林の左越え適時二塁打で2点を先制。大阪桐蔭は2回裏に1点を返した後、3回裏に3番・香月が中堅への犠飛で同点に追いつく。


 三重は、5回表に3番・宇都宮の中前適時打で3-2と再びリード。しかし、7回裏に大阪桐蔭が2死満塁のチャンスに1番・中村が中前にしぶといポテンヒットを落として2者が生還、4-3と逆転した。


 三重は9回表に1死一、二塁の好機を迎えたが、後続が凡退してゲームセットとなった。

 あなたにオススメの記事