防災知識

災害時にSNSでの119番通報 今夏に試験運用 消防庁

 総務省消防庁は12日、大規模災害時の情報収集などにツイッターやミクシィなどを活用するため、今夏からSNSを使った119番通報システムを試験運用する方針を決めた。

 

 東日本大震災時では電話回線が途絶え、119番通報に支障が出た一方、ネット回線は通信規制が少なく、SNS経由の情報が救助活動に役立った事例を踏まえたもの。非常時の電話回線を補完する位置づけで、今後、LINEやカカオトークなども含めた数社と具体的なシステム構築を進めていく。

 

 SNSからの通報は、情報伝達が一方通行となってしまうため、内容の正確性をどう確保するかなどの課題が残されている。

 あなたにオススメの記事