火山

西之島で爆発的噴火の恐れ 火口内に溶岩の固まり

   活発な火山活動の続く小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は27日、火口内に溶岩の盛り上がった「溶岩マウンド」が形成され、火口をふさぐほど大きくなれば「爆発的な噴火が起きる可能性がある」と発表した。


   海上保安庁が26日に航空機で上空から調べたところ、北側の火口の内側に噴き上がった溶岩の固まった「溶岩マウンド」を発見。溶岩マウンドは楕円形で縦約90メートル、横約60メートルに及び、高さは10メートル以上あった。


   この火口からは今のところ、数分おきに溶岩片が白煙とともに噴き上がっているが、今後、「溶岩マウンド」が成長してマグマの通り道の”栓”になってしまうと、圧力が高まって爆発する恐れがあるという。


   なお、西之島については、京大地震研究所が斜面の堆積物が崩落する危険性を指摘。崩落の衝撃で130キロ離れた小笠原諸島の父島に1メートルの津波が到達する可能性があるとしている。


   海上保安庁によると、西之島は先月の観測時点に比べて北東方向に拡大し、面積は0.13平方キロ広がって約1.21平方キロ、東京ドームの26倍ほどの大きさとなった。

 

   

 あなたにオススメの記事