軍事

国連がシリア政府と「イスラム国」双方批判

 国連の調査委員会はシリア情勢に関し27日、対立するシリア政府とイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」がともに戦争犯罪と人道に対する罪を犯していると非難する報告書を公表した。
  


 報告書は、イスラム国は合同礼拝のある金曜日に公共の場でむち打ちや手足の切断など、人々に恐怖を植え付ける作戦を展開していると指摘した。

 

 
 一方で、「政府も化学兵器による攻撃をした」などと報告した。報告書は480件のインタビューとこれまで集められた文書に基づいている。

 あなたにオススメの記事