気象

29日夕方にかけて青森で雷を伴う大雨の恐れ

 青森県では津軽地方を中心に今日(29日)午後3時ごろから夕方にかけて、雷をともなった激しい雨が降るおそれがあり、気象台で警戒するよう呼びかけている。

 

 東北地方では、上空約6000メートルに氷点下12度以下の寒気が入り込んでいて、青森県は津軽地方を中心に29日夕方にかけて1時間に40ミリの激しい雨が降る見込み。

 

 さらに夜遅くにかけて大気の状態が不安定になり、積乱雲が発達して雷が発生する恐れがあるため、気象台では低い土地の浸水、河川の急な増水や氾濫に警戒し、土砂災害や竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに注意するよう呼びかけている。

 

 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保につとめてほしいとしている。

 

 

 あなたにオススメの記事