宇宙

JAXA はやぶさ論文の撤回を申し入れ「不正にあたらない」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究者が執筆し、2006年6月2日の米科学誌「サイエンス」に掲載された「はやぶさ」関連の論文において、小惑星イトカワのデータ解析方法に誤りが見つかったため、JAXAではこの論文の撤回を同誌に申し入れるとしている。

 

 JAXAによると、解析ミスがあったのは129件出されたはやぶさ関連の論文の1件で、観測対象である小惑星イトカワから得られたデータに関するもの。

 

 同論文ではこのデータをもとに「地球に多く飛来する隕石と同じ組成であると推定」していたが、解析方法に誤りがあったことが判明し、論文の結論を主張できないことから米サイエンス誌編集部に対して論文の撤回を申し入れることとした。

 

 ただ、はやぶさが実際に持ち帰ったイトカワのサンプルを分析したところ、結果的に論文と同じ内容となっており、今回の撤回が「それらの事実に影響を及ぼすものではありません」という。

 

 またJAXAでは、論文解析の誤りについては「故意ではなかったと認定しており、研究不正にあたらない」とも述べている。

 あなたにオススメの記事