政治

安倍首相 インドのモディ首相と世界遺産の東寺へ

 インドのモディ首相を京都で「おもてなし」している安倍晋三首相は31日、市内の東寺を共に訪れて講堂の大日如来像などを拝み、「改めて、日本とインドの深い歴史的つながりを感じました」と述べた。

 

 昨日(30日)から京都の迎賓館でモディ首相を歓待していた安倍首相は、今朝、世界遺産の東寺を共に訪問、講堂にある重要文化財の大日如来坐像などを一緒に拝んだ。

 

 この寺は嵯峨天皇から空海に与えられた真言宗の総本山であり、安倍首相が「古都京都は、インドで興った仏教が深く浸透しているまちです」と語るように、日本の仏教を代表するような寺。

 

 仏教を通じて親交を深めた両首相は明日、あらためて東京で会談をする予定となっている。

 あなたにオススメの記事