外交

北朝鮮に拘束の3米国人が米政府に救出求める

 北朝鮮で拘束されている米国人3人が1日、米CNNテレビとの会見を許可され、米政府に対して北朝鮮と解放交渉を行ってほしいと訴えた。

 

 

 3人はそれぞれ違う理由で拘束されており、1人は北朝鮮政府転覆の疑いで、1人はホテルに聖書を残していった疑い、1人は入局管理局でビザを破り亡命を要求した疑いという。

 

 

 3人は、「危機的状況にある。このままでは牢獄行きだ」、「今のところ大丈夫だが、この状態があと2日続くのか、20年続くのかわからない」、「米国政府は自国民を守るという強い政治信念があるはずだが、私のケースではまだ何のアクションもない」 などと逼迫した現状を訴えるとともに、政府への関与を切望した。

 

 

 米国防省では「彼らの解放は最優先すべき課題。早期解決に向け最善を尽くす」としている

 あなたにオススメの記事