気象

九州を中心に西日本で大荒れの天気

 低気圧からのびる寒冷前線の影響で、西日本では広い範囲で大気が不安定な状態が続き、九州北部や四国地方を中心に激しい大雨が降っていることから、気象庁では警戒を呼びかけている。

 

 日本海の低気圧からのびる寒冷前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部や四国地方では、4日朝から5日にかけて大気の不安定な状態が続いて、ところどころで雷をともなった激しい雨が降る見通し。

 

 長崎県や熊本県では、1時間あたりの雨量が70ミリ、四国でも1時間あたり80ミリの猛烈な雨が降るおそれがある。

 

 気象庁によると、5日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで四国地方で200ミリ、近畿地方で150ミリで、低地での浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意をよびかけている。

 

 

 あなたにオススメの記事