防災知識

災害時の「ほしい物リスト」アマゾンが徳島県と初の支援協定

 アマゾン ジャパンと徳島県は5日、南海トラフ巨大地震などに備え、災害時に避難所ごとの「ほしい物リスト」をサイトで公開し、被災者のニーズに応じた支援物資を届けられる仕組みをつくる協定を締結した。

 

 このサービスは、災害が発生した際に、アマゾンのサイトにある「ほしい物リスト」に、避難所ごとに必要な物資のリストや数を公開することで、支援したい人がサイトを通じて商品を購入し、物資が無駄なく効率的に避難所に届く仕組み。

 

 アマゾンによると「ほしい物リスト」を活用した物資の支援は、東日本大震災の時も7000カ所以上の避難所や学校などで行ったが、自治体と協定を結ぶのは今回が初めて。

 

 徳島県では、南海トラフ巨大地震が発生した場合、県内の避難者を最悪で36万人と想定していて「支援物資の過不足や仕分けに手間取るなど、さまざまなミスマッチが起こった東日本大震災での教訓を生かして、避難所の情報をあらかじめアマゾンと共有しておくことで、いざという時に速やかな対応がとれるよう仕組みづくりにつとめたい」と話している。

 

 あなたにオススメの記事