生活情報
Loading

日本海で全身白い食用高級魚 突然変異か

 鳥取県から島根県にかかる境水道と美保湾で、全身が白い高級魚「マハタ」が立て続けに2匹も釣り上げられ、地元では「突然変異か」と話題を呼んでいる。


 マハタは食用の高級魚として知られ、通常は灰褐色。2匹は境水道と美保湾でそれぞれ別の釣り人が見つけ、島根県立宍道湖自然館ゴビウス(出雲市)に連絡した。飼育スタッフが調べたところ「白いマハタは全国でも前例がなく、たいへん珍しい」として、現在、水槽に入れられて来館者向けに展示されている。


 2匹のマハタは体長25センチで、生後2年程度という。同館では、突然変異と考えられるので、今後、飼育しながら研究を進めるという。

 あなたにオススメの記事