トピック

絶滅したニホンオオカミは固有種ではなかった!

 明治時代に絶滅した「ニホンオオカミ」は、日本の固有種ではなく、今も世界に広く生息する「ハイイロオオカミ」の亜種であると、岐阜大学の研究チームが9日、日本獣医学会で発表した。

 

 岐阜大・応用生物科学部の石黒直隆教授らの研究チームは、本州や九州、四国に生息していたニホンオオカミ6体の剥製や骨から、ミトコンドリアDNAを採取。北米や欧州に分布する57頭のオオカミのものと比較、分析した。

 

 ニホンオオカミは、体長が60センチ前後と、大陸のオオカミと比べて、かなり小型であるため従来は独立した種として考えられてきたが、遺伝子解析の結果、現存するハイイロオオカミと同じ種に属する亜種であることが明らかになった。

 

 石黒教授らはニホンオオカミの身体的な特徴から、ユーラシア大陸に生息していたタイリクオオカミから派生した地方集団が、朝鮮半島と日本が陸続きだった時代の約12~13万年前に渡来し、日本列島に閉じ込められて小型化したものであると考えている。

 

 ニホンオオカミは明治38年(1905年)に奈良県東吉野村で捕らえられたオスを最後に絶滅している。

 

 

 あなたにオススメの記事