医療技術

都内への訪問歴なし 千葉市で新たにデング熱患者

 厚生労働省は9日、海外渡航歴がなく、代々木公園周辺も含めて都内にも訪れたことがない千葉市稲毛区の60代男性がデング熱に感染していることを確認したと発表した。


 この男性は、8月31日に発熱などの症状を訴え、9月2日に千葉市内の医療機関に入院した際、デング熱への感染を確認。感染が疑われる期間に、代々木公園周辺や新宿中央公園を含めた都内への訪問歴はないと説明している。


 また、男性の居住先である千葉市内の社会福祉施設では、他にデング熱が疑われる症状を示した人はいないといい、現在は容体も安定している。


 代々木公園周辺以外で感染した例は、新宿中央公園での感染が疑われた男性1人、明治神宮外苑か外濠公園で感染した可能性がある男性1人に続き、この男性で3人目。厚労省は、代々木公園などへの訪問歴がある患者から検出されたウイルスとの関連を調べている。

 あなたにオススメの記事