気象

北日本と東日本で局地的に大荒れの天気

 上空の寒気の影響で、今日(10日)は、北日本と東日本を中心に雷をともなう激しい雨が降っており、気象庁が注意を呼びかけている。特に、静岡県では夜遅くにかけて、1時間に80ミリの猛烈な雨が降り続くおそれがあるという。

 

 気象庁によると、日本の上空に氷点下12℃以下の強い寒気が流れ込んでいることから、北日本と東日本では11日にかけて広い範囲で大気が不安定な状態が続く見込み。

 

 東海地方と北海道では雷をともなった猛烈な雨が降っていて、静岡県では富士山南西部の富士市と富士宮市で、10日午後3時半間での1時間に80ミリを超す大雨を観測したほか、北海道南西部の白老(しらおい)町では、同日午後3時までの24時間降水量が600ミリに達した。

 

 今日夕方から11日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで北海道地方で200ミリ、東北地方から関東甲信地方、東海地方にかけて100ミリの見込み。

 

 気象庁は、土砂災害や河川の増水・氾濫、低い土地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風に警戒を呼びかけるとともに、発達した積乱雲が近づく兆しのある場合は建物内に移動するなど安全を確保するよう促しいている。

 あなたにオススメの記事