リコール

えっ?ゲリラ攻撃!?埼玉県加須市がメールの誤配信

 11日午後、埼玉県加須(かぞ)市が市民を対象に行っているメール配信サービスで、「この地域にゲリラ・特殊部隊の攻撃の可能性がある」という誤った情報を配信していたことがわかり、市は1時間後に訂正のメールを送って謝罪した。

 

 加須市によると、11日午後4時半ごろ、防犯や災害情報などを伝えるための「かぞホッとメール」のサービスで、「当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」という情報を約4250人に誤って配信した。

 

 情報は、自治体が緊急情報を瞬時に伝えるJ-ALERT(全国瞬時警報システム)の文面で、システムの保守点検をしていた業者が誤って配信したという。市はメールサービスに登録している職員の報告で誤送信に気づき、約1時間後に訂正のメールを送って謝罪した。

 

 市の危機管理課は、「今後、保守点検の作業手順を再確認して再発防止に努めたい」と話している。

 

 

 

 あなたにオススメの記事