震災復興
Loading

帰還困難区域の国道6号 3年半ぶりに全線通行再開

   福島第一原発事故の影響で一部が通行止めになっていた福島県の沿岸部を走る国道6号が15日午前0時、約3年半ぶりに全線で通行できるようになった。


   通行止めになっていたのは、原発事故で帰還困難区域に指定された双葉町から大熊町、富岡町を通る約14キロの区間。区域内への立入が制限されたため、これまでは許可を受けた車しか通行できなかったが、国の除染や復旧作業が終わり、ようやく15日に規制が解除された。


   ただ、区域内には放射線量の高いところが残るため、通行は自動車のみに限定され、オートバイや自転車、歩行者は通行不可。車を途中で停めて外に出ることも禁止されている。


   また、幹線道路の全線通行再開によって復興にはずみがつくと期待される一方、空き巣などの犯罪が増加する懸念も。防犯対策として、沿線には脇道への進入を防ぐバリケードも設置されたという。