生活情報

iPhone6 初日で予約400万台突破!手元に届くのは10月以降

 アップルは、9日に発表した新型「iPhone 6」の予約台数が受け付け開始後24時間で歴代「iPhone」の過去最多となる400万台を超え、多くの予約客が発売日に製品を手に入れられないことを明らかにした。

 アップルは12日に予約受付を開始し、各国での24時間の受付数を集計したところ、準備していた出荷台数をはるかに超えたため、大半の予約者には発売日の19日には商品を供給できず、手元に届けられるのは10月以降にずれ込む見込みだという。

 新型iPhone 6は、現行機種から画面を拡大した、4.7インチの「iPhone 6」と、5.5インチの「iPhone 6 Plus」の2モデル。画面を大きくしたことで、アプリのアイコンやコンテンツをより大きく表示できるようになり、モバイル決済サービス「Apple Pay」を搭載して、クレジットカードによる支払いが可能になったのが特徴だ。

 あなたにオススメの記事