医療技術

エボラ熱拡大阻止へ軍関係者3000人を派遣 オバマ大統領

 米国オバマ大統領は16日、ジョージア州の米疾病対策センター(CDC)で演説を行い、西アフリカでのエボラ出血熱の拡大を防ぐために軍事関係者3000人を派遣するなど、大規模な支援に乗り出すことを表明した。


 オバマ大統領は、2400人以上の死者を出した西アフリカ諸国の公衆衛生システムは崩壊の危機にあり、「今後は更に悪化する」と指摘。この問題は西アフリカ地域だけの問題ではなく、世界の安全保障に対する脅威であり、流行拡大を食い止めるために直ちに行動する責任があるとした。


 支援策は、軍関係者や医師、エンジニアなど約3000人を派遣するほか、リベリアに支援活動の中心拠点を置き、合計1000床以上の治療施設を新たに設置する。また、保健・医療従事者を1000人規模で訓練するための新しい施設も整備するという。

 あなたにオススメの記事