リコール

イケアのブランコで子どもの落下事故 908個を自主回収

 スウェーデン家具大手のイケア・ジャパンは17日、天井から吊るして遊ぶブランコの部品が破損して子どもが落下する事故があったとして、自主回収して購入者には商品代金を払い戻すと消費者庁に届け出た。


 届け出た商品「グンググング」は世界的に商品展開されており、日本では今年3月~8月までに906個が販売されている。イケアによると、遊んでいるときに部品が破損して子どもが落下する事故が世界で計4件報告され、調べたところ部品が同社の品質基準を満たしておらず、重大事故につながることが判明した。


 同社は、直ちにブランコを取り外して子どもが使用しないよう呼びかけるとともに、購入者には商品を店舗に直接持ち込むか、カスタマーサポートセンター(0120-151-870)まで連絡するよう告知している。購入者には、商品の代金を全額払い戻す。

 あなたにオススメの記事