リコール

熊本の高校生 ゲーム会社にDDos攻撃容疑で書類送検 全国初

 警視庁サイバー犯罪対策課は18日、オンラインゲーム会社のサーバーに大量のデータを送りつけてサービスを停止させる「DDos攻撃」で業務を妨害したとして、熊本市の男子高校生(16)を東京地検に書類送検した。同課によると、DDos攻撃の疑いでの検挙は全国で初めてという。


 この高校生は、3月19日の夕刻から20日未明にかけて、東京のオンラインゲーム会社「ゲームオン」のサーバーに計33回・1億6400万パケットもの大量のデータを送りつけるDDos攻撃を仕掛け、オンラインゲームが約9時間ほど接続不能になるなどの業務妨害をしたとして「電子計算機損壊等業務妨害」の疑いで書類送検された。


 男子生徒はゲーム上のトラブルから利用を停止されており、ゲームの運営に不満があったなどと供述し、容疑を認めているという。

 あなたにオススメの記事