トピック

「バナナの皮はなぜ滑る」イグノーベル賞を北里大教授らが受賞

 ノーベル賞のパロディとして、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる」研究に贈られるイグ・ノーベル賞の物理学賞に「バナナの皮の滑りやすさ」について調べた北里大学の馬渕清資(きよし)教授らの研究グループが選ばれた。日本人の受賞は8年連続。

 

 18日にアメリカ・ハーバード大学で行われた2014年の授賞式では、10部門の受賞者が選ばれ、このうち物理学賞は、「バナナを踏んだときの摩擦係数」に関する研究を行った馬渕教授らに贈られた。

 

 馬淵教授の専門は「人間の関節の動き」に関する研究だが、「関節を滑らかに動かす仕組みとバナナの皮の滑りやすさ」には共通点があることに気づき、数十本分のバナナを剥いて、皮を測定器の上で踏んだときの摩擦係数を測定。その結果、バナナの皮を靴で踏むと、皮がないときと比べて6倍滑りやすくなることが判明した。

 

 授賞式で馬渕教授は、研究内容を歌にして喜びを表し、「新たな発見こそが科学だが、身近なものでまだまだ分かっていないことがあり、それが科学のおもしろいところだ」と話した。

 

 

 

 あなたにオススメの記事