医療技術

豚のコラーゲンで角膜組織再生 移植用角膜の不足解消に期待

   農業生物資源研究所(茨城県つくば市)と東大付属病院の研究チームは、豚のコラーゲンから人の角膜組織を再生させる新素材を開発した。実用化すれば、この新素材から大量に角膜組織を培養することができ、角膜不足の解消につながりそうだ。


   角膜は外側から上皮、実質、内皮という3つの組織で構成された厚さ約0.5ミリの器官。移植に対する拒絶反応が低いため、古くから角膜移植手術は行われているが、必要な角膜は不足しており、日本国内だけでも年間700人が順番待ちしている。


   中でも、加齢やコンタクトレンズの誤った使用で、再生能力のない内皮がひどく傷つき、視力が低下する「水疱性角膜症」は角膜移植の約4割を占める。

 

   そこで、研究チームは豚のコラーゲンと無血清培養液から、透明な半球面形状の「アテロコラーゲンビトリゲル膜」を作成。この新しい素材は人の細胞が付着しやすく、内皮細胞を培養して再生させることに成功した。


   角膜のいちばん奥にある内皮は一層で弱く、水疱性角膜症の治療には従来、角膜組織を丸ごと移植する必要があった。しかし、新素材を”足場”として使えば、1人の細胞から移植用の内皮細胞を大量に作ることが可能という。


   すでにウサギを使った移植実験では良好に定着することが確認されており、研究チームは「安全性や治療効果のデータを蓄積し、一刻も早い角膜再生医療の実現を目指したい」としている。

    

 あなたにオススメの記事