製品・サービス

『日本沈没』直筆原稿を電子書籍化 秋田の図書館が5月公開

 株式会社イオはSF作家、故・小松左京氏の代表作『日本沈没』の直筆原稿を電子書籍化し、図書館向けに販売を始めた。すでに秋田県立図書館が購入しており、5月2日から公開する。


 『日本沈没』は地殻変動で日本列島が沈む危機を題材にした近未来SFで、1973年に出版され400万部を超えるベストセラーとなった。これまでに2度映画化され、テレビドラマにもなっている。

  
 公開されるのは、1225枚の直筆原稿のうち現存している1196枚。ほかにも、日本列島と地殻の動きを書いた同作の創作メモ、阪神・淡路大震災を詳細にリポートした『小松左京の大震災’95』を公開する。

 

 電子書籍の利用は、同図書館への利用者登録(図書利用カードの発行)及びパスワードの発行が必要となる。

 あなたにオススメの記事