IT

素人のコミカルな「踊る赤信号」で信号無視は減る?

 交差点の赤信号が静止の点灯ではなくコミカルに踊り出したら、はたして危険な信号無視は減るか? こんな実験的な試みがyoutubeで公開され、話題を呼んでいる。


 この動画は、メルセデス・ベンツ「smart」のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されたもの。「信号待ちを退屈な時間ではなく、より楽しい待ち時間にできるか」という試みがドイツ国内で行われた。手順としては、交差点の脇に設けた仮設のスタジオで一般人の踊りをモーションキャプチャーで記録し、実際の交差点の赤信号でリアルタイムにビジュアル化。その赤信号の「ダンス」を見た歩行者の反応を、動画では収めている。


 この「赤信号ダンス」を見て、ハッと驚く人や笑い出す人、動きに合わせて踊り出す人など反応はまちまちだが、車が走行していなければ信号無視が横行していた交差点が、映像の中では「81%以上の歩行者が赤信号で止まるようになった」としている。

 あなたにオススメの記事