政治

「アイヌ民族いない」の金子議員 辞職勧告可決も本人辞めず

 札幌市議の金子快之(やすゆき)議員がTwitterで「アイヌ民族なんて、いまはもういない」と発言した問題について、22日の札幌市議会で同議員に対する辞職勧告決議案が可決したが、本人は同日付けの公式ブログであらためて「辞職、撤回、猛省の考えはない」との意見を表明した。

 

 辞職を求めたのは、民主党・市民連合や公明党、日本共産党など、自民党以外の全会派。金子議員の発言が「アイヌ民族を日本の先住民族と認めた国会決議をないがしろにするもの」とし、その撤回や謝罪を行わないことは「議員としての資質に欠ける行為であると同時に、議会の信頼を大きく失墜させるもの」として、辞職勧告決議案は賛成多数で可決した。

 

 これに対し金子議員は、「決議案は根拠が希薄で、論理的に私を説得するものではなく、かかる内容をもって辞職、撤回、猛省の考えはない」と、あらためて公式ブログでも意見を表明。

 

 Twitterで発言をした後、「アイヌ民族は本当に先住民族なのか」という根本的議論に挑まれたこともなかったとし、「アイヌになって政策的優遇を受けられることにそもそもの問題があります」と自身の考えを披露した。

 

 また、議会の中で民主党・市民連合の大嶋氏が発言した「アイヌは差別された」「民族の苦難の戦いに認識が足りない」との主張に対しても、「明治政府はアイヌを保護したのであり、決して差別はしていない」と語っており、「意見が一致するはずもない」と真っ向から否定している。

 

 なお、今回の辞職勧告決議案に強制力はなく、金子議員は「わが国の名誉と尊厳を取り戻す立場から、タブーを恐れずこれからも発信を続けていく考えである」と、今後も自身の活動に変わりがないことをあらためて強調している。

 あなたにオススメの記事