テクノロジー

東日本大震災規模の津波を再現 大成建設が造波装置開発

 大成建設(本社・東京都新宿区)は、東日本大震災と同規模の津波を再現できる造波装置を開発した。さまざまな波を作り出すことが可能で、防波堤設計などの津波防災対策に活用する。

 

 この装置は、プールに大型容器(幅1.5㍍、奥行き3.6㍍、高さ2.3㍍)を並べて設置。水中部分に開口部があり、容器上部のバルブを開けることで内部にたまった水が吐き出され、波が発生する仕組みだ。

 

 プールのサイズによって容器の個数を増やすことができ、縮尺モデルであらゆる規模の津波の実験が行える。プールの底に加工すれば、水深の変化や海底の地形などによる津波の挙動もより高い精度で解析でき、複数あるバルブの操作で波形も任意に操作可能という。

 

 同社は、社内で開発した津波シュミレーション技術とあわせて津波が建物に与える影響を調べ、沿岸部にある企業の災害時の事業継続計画の検証や、堤防の設計、建物の安全評価などに活用していく。
 

 あなたにオススメの記事