気象

台風16号が接近 四国・東海で24時間200ミリの大雨

 台風16号の影響で今日(24日)は西日本から北日本の広い範囲で雷を伴った激しい雨が降る見込みのため、気象庁では土砂災害、河川の増水、はん濫、低い土地の浸水に対する警戒を呼びかけている。

 

 24日午前3時現在、東シナ海にある台風16号は1時間に約15キロの速さで北東へ進んでおり、中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から北側330キロ以内と南側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風16号は今後、次第に速度をあげて東へ進み、今晩には日本海で温帯低気圧に変わり、25日にかけて東北地方を通過する見込み。このため西日本から東日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。

 

 25日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで四国・東海地方が200ミリ、九州北部・近畿・北陸地方が150ミリ。気象庁では、強い風や高波にも警戒を呼びかけており、北陸・東北地方で最大風速20メートル(最大瞬間風速30メートル)、九州北部・北陸・東北地方での波の高さは4メートルと予想されている。

 

 また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要としており、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動して安全確保に努めるよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事