気象

台風が温帯低気圧に 影響残り25日は西・東日本で大雨警戒

   台風16号は24日、温帯低気圧に変わったが、その影響は25日にかけて西日本や東日本の広い範囲に残るとみられ、気象庁は局地的な激しい雨や暴風、高波などに警戒するよう呼びかけている。


   気象庁によると、台風16号は24日午前9時ごろ、東シナ海で温帯低気圧に変わった。しかし、低気圧に流れ込む湿った空気の影響で、西日本では大気の状態が非常に不安定となり、宮崎県の青島で1時間49ミリ、鹿児島県の屋久島で同31ミリなど各地で激しい雨を観測した。


   低気圧は今後、発達しながら日本海を東に進み、25日には東北地方を通過する見込み。大気の不安定な状態は広い範囲に及び、西日本では24日夜から25日朝にかけて、東日本では25日未明から昼前にかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る恐れがある。


   25日午後6時までに予想される雨量は、いずれも多いところで、四国250ミリ▽近畿・東海200ミリ▽北陸180ミリ▽関東甲信150ミリ▽東北120ミリ。


   また、低気圧の影響で風も強まるとみられ、予想される最大風速(最大瞬間風速)は近畿・北陸・関東で20メートル(30メートル)、波の高さは九州北部・近畿・東海・関東・東北で4メートルと見込まれている。

 

 あなたにオススメの記事