宇宙

海王星サイズの惑星に水蒸気発見 小さな惑星で初

   地球から120光年彼方にある海王星サイズの惑星に水蒸気があることが、ハッブル宇宙望遠鏡などの観測でわかった。これまで惑星の大気の組成は、木星以上の大きなサイズでしかわかっておらず、小さな惑星での観測は初めて。


   米航空宇宙局(NASA)によると、この惑星は「HAT-P-11b」と呼ばれる天体で、直径は地球の4.7倍、質量は25倍。中心の恒星を5日ほどの周期でめぐり、表面温度は摂氏600℃になるという。


   これまで大気の調査は、木星(直径が地球の11倍)などで水が見つかっているが、それ以下の小さい惑星は雲や塵に覆われ、観測が失敗に終わっていた。


   しかし、「HAT-P-11b」には澄んだ大気があったため、観測が可能に。惑星が恒星の手前を通過する際に、惑星の大気ごしに見える恒星の光を分析することで、大気に水蒸気が含まれることが判明した。


   研究グループは「今回の発見によって、惑星の大気を観測できる可能性が広がった」とし、今後、地球と同じぐらいの惑星や、質量が約10倍の「巨大地球型惑星」についても、大気の調査を目指すとしている。

 あなたにオススメの記事