イベント

ウルトラマンを迎え 福島空港が開港20周年記念イベント

 福島空港(福島県須賀川市、玉川村)で、20日から31日まで開港20周年を記念した「ウルトラマン空港フェスタ」が催される。


 須賀川市出身の故・円谷英二監督にちなんだもので、期間中は空港内で『ゴジラ』や『ウルトラマン』シリーズなど、"特撮映画の神様"と称される功績を紹介。ウルトラヒーロショーが日替わりで開催されるほか、空港の制限エリアを探検できるウルトラアドベンチャーツアーも有料で開催される。主催の福島県観光交流局は「イベントをきっかけに、たくさんの人に来ていただきたい」と話している。

 

 東日本大震災では交通網が遮断されたため、同空港が救援の拠点となり、物資の輸送や臨時便の運航などで活躍した。利用者数は復調の兆しを見せており、2012年4~12月までの国内線乗降客数は17万8663人と前年同期比8.5%増。チャーター便による国際線は2834人と、前年に比べ3倍以上に伸びている。

 あなたにオススメの記事