リコール

米ワコール「痩せる下着」は違法 130万ドルで和解

 米連邦取引委員会(FTC)は29日、大手下着メーカー・ワコールホールディングスの米国法人が、科学的根拠なしに「着るだけで痩せる」と宣伝して女性用下着を販売したことを法令違反だと認め、130万ドル(約1億2000万円)の和解金を支払うことに同意したと発表した。

 

 FTCによると、米ワコールは、カフェインの成分が入っている「iPants」について、「着るだけで脂肪細胞を壊して、太ももなどがスリムになる」と宣伝。これに対し、FTCは調査の結果、科学的な裏付けは無く、消費者保護に関する法令違反だと指摘した。

 

 そのうえで、米ワコール側がFTCに和解金130万ドルを支払うことを同意したと明らかにした。和解金は商品を購入した消費者への返金に充てられるという。


 この商品は米国やシンガポールなど10カ国で32万枚販売されていて、日本では販売されていない。ワコールホールディングスは、「それぞれの国や地域で許容される広告表現についての認識が不十分でした。今後は関連法の順守を徹底し、再発防止に努めます」と話している。

 あなたにオススメの記事