気象

台風18号 3日から沖縄が強風域に 早めの警戒を

 大型で非常に強い台風18号は、フィリピンの東海上を1時間に約25キロの速さで発達しながら西に進んでいる。沖縄では3日以降、風が強まり、海は次第にしけるおそれがあるとして、気象庁では早めの対策を呼びかけている。

 

 気象庁によると、2日午後12時45分現在、台風の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心の北側700キロ、南側500キロ以内では、最大15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風は今後発達しながら北西に進み、12時間後の3日0時には日本の南の海上に達する見込み。沖縄本島の東側にある大東島では、2日夜遅くから波がうねりを伴い、3日には大しけになるおそれがあるため、気象庁は海上や海岸付近では高波に警戒するよう呼びかけている。

 

 台風の影響で、沖縄・奄美地方では、週末の3日~5日にかけて大荒れとなるところがあり、来週前半の5日~6日にかけては、西日本と東日本でも太平洋側を中心に大雨が降るおそれがある。

 

 

 

 あなたにオススメの記事