宇宙

8日夜は「皆既月食」 全国各地で7〜8時台に観測

   満月が地球の影にすっぽりと隠れ、赤黒く光って見える「皆既月食」が8日夜に起きる。ほぼ全国的に観測できるうえ、完全に影に覆われるのは午後7〜8時台と好条件。台風が去って秋の天体ショーを楽しめるよう期待したい。


   「皆既月食」は、太陽と地球、満月が一直線に並ぶときに起きる現象。今回は沖縄の石垣島以西を除く地域で、欠け始めから満月に戻るまでを見ることができる。国内で広く観測できるのは2011年12月以来という。


   国立天文台によると、8日は東の低い空で午後6時15分ごろから月が欠け始め、7時25分ごろから約1時間にわたって完全に地球の影に入る「皆既食」となる。


   今回は月が地球の影のほぼ真ん中を通るため「皆既食」の時間が長く、赤黒い「赤銅色」をゆっくり楽しむことができ、月食がすべて終わるのは午後9時35分ごろだ。


   また、月食で月明かりが陰ることで、普段は探すのが難しい天王星を双眼鏡で見られるチャンスも。天王星は月の右側の、月1〜2個分離れた付近にあり、国立天文台は「皆既食の間に双眼鏡を使って探してみて」としている。

      

 あなたにオススメの記事