気象

台風18号あす本州上陸も 喜界島で最大瞬間風速42.2m観測

   大型で非常に強い台風18号は、鹿児島県の奄美地方を暴風域に巻き込みながら北上している。気象庁は、5日は沖縄、奄美と西日本の太平洋側、6日にかけては西日本と東日本の太平洋側で暴風や高波、大雨に警戒するよう呼びかけている。


   気象庁によると、台風18号は5日午前9時現在、屋久島の南南東約170キロの海上にあり、中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。時速20キロで北に進んでいる。


   暴風域に入った奄美地方や種子島、屋久島などでは猛烈な風が吹き、喜界島では5日早朝に42.2メートルの最大瞬間風速を観測。種子島では午前9時20分までの1時間に35.5ミリの激しい雨が降った。


   今後、台風18号は北東に進路を変えて5日夜には四国沖に進み、6日は本州に上陸する恐れも。6日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、


九州南部 40メートル(60メートル)
奄美、近畿、東海、伊豆諸島 35メートル(50メートル)
四国、関東甲信 30メートル(45メートル)
九州北部、中国、東北 23〜25メートル(35メートル)


の見込み。また、6日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、


東海 500ミリ
四国、近畿 400ミリ
九州南部 250ミリ
中国、関東甲信、北陸 150ミリ
九州北部 120ミリ
奄美、伊豆諸島 100ミリ


となっている。気象庁は、台風の接近時には局地的に1時間80〜100ミリの猛烈な雨が降るところもあるとみて、暴風や大雨に備える早めの対策を促している。

 

 あなたにオススメの記事