気象

台風18号静岡に上陸 東海や関東は昼頃まで激しい雨に

   大型で強い台風18号は6日午前8時すぎ、静岡県浜松市付近に上陸した。今後、東海や関東甲信では昼頃まで、東北では夜にかけて非常に激しい雨が降るとして、気象庁は警戒を促している。


   気象庁によると、6日午前9時現在、台風18号は掛川市付近にあり、中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。時速50キロで北東に進んでおり、関東甲信を通過して夕方には東北沖に抜ける見込みだ。


   台風が上陸した静岡では、静岡市葵区鍵穴で午前8時すぎまでの1時間に87ミリの猛烈な雨を観測。浜松や清水、掛川でも1時間60ミリを超える激しい雨が降り、天城山では午前9時までの24時間雨量が425.5ミリに。鍵穴や三重県尾鷲市でも400ミリに達した。


   気象庁は東京都と神奈川、茨城、千葉、山梨、静岡、愛知の各県の一部に土砂災害警戒情報を発表。7日朝までの24時間に、東海と関東甲信で200ミリ、北陸と東北で150ミリ、近畿と中国、伊豆諸島で100ミリの雨が見込まれている。


   また、6日は東日本の太平洋側では猛烈なしけとなり、予想される波の高さは、


伊豆諸島 11メートル
東海、関東 10メートル
近畿 9メートル
四国 8メートル
東北 7メートル


の見込み。

 

   気象庁は引き続き、土砂災害や暴風、高波、河川の増水や氾濫、低地への浸水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。

 

 あなたにオススメの記事